image

検索エンジンの改善でSEOに赤信号?

自社ホームページの制作を決意した時、まず考える事のひとつに「いかに自社ホームページを宣伝するか」「どうやったら多くの人に見てもらえるか」という事ではないでしょうか。いわゆる『SEO対策』をどうするかという事ですが、最近ではそのSEOという発想自体が過去のものになりつつあります。

SEOとは、Google等の検索サイトに使用されている検索エンジンのクセを分析し、検索結果に上位表示されやすくする行為です。その行為の中には適切な方法の他にユーザーが不利益を被る様な不適切な手段も存在します。

そして最近、Googleはユーザーが本当に知りたい情報をより得やすくするために、自社の検索エンジンに様々な改善を行っています。そのため今まで効果的とされてきたSEOが無意味になって来ています。場合によっては過度のSEO対策を施しているサイトに対しペナルティを課すケースも少なくありません。

コンテンツマーケティングがSEOに変わる販促手段になる

ではどうすれば自社サイトを見て頂きたいユーザーにアピールすれば良いのでしょうか。

まずしなければならない事として、ホームページ内の情報の見直しがあります。ホームページ内に自社の知って頂きたい内容を出来るだけ分かりやすく丁寧に書き込む事です。そうする事で検索エンジンはそのホームページが伝えたい情報を正確に理解し、検索をしたユーザーに的確に届けようとします。(単に文字数を増すだけではダメです。またホームページ全体やページごとの構成も重要になってきます。)

そして今注目されているのが、ソーシャルネットワーク(SNS)を使った情報配信です。特にユーザーに販売行動を起こしてもらうきっかけ作り『コンテンツマーケティング』と言う考え方が重要になってきています。将来、自社の商品やサービスの購入が見込まれるユーザーに対し、自社コンテンツ(ユーザーが知りたい情報)を独自に制作しSNSで配信するというものです。コンテンツには文章ベースなものや写真や動画を使ったものなどアイデア次第で様々な手段が考えられます。この方法はコンテンツの蓄積にそれなりの時間がかかりますが、SNSの「双方向性」「拡散効果」という特徴を活かし、情報のやり取りを活発に行う事でユーザーにファンになってもらう事が可能です。結果、購入意欲を持ったユーザーが積極的に自社ホームページを訪れる様になるため、SEO対策に替わるホームページでの販促手段として現在最も効果が期待されています。

自社の商品やサービスの魅力を多くの人に届ける術を身に付ける事が、今のホームページ運営には欠かせないものとなるでしょう。

(スタッフK)