映画館

現在のホームページはスマートフォンを代表するモバイル端末からのアクセスが日々増えています。

パソコンからの利用が主体だった頃のホームページは、ウェブブラウザーいち画面に重要な内容が全て表示される様にデザインされていました。それはチラシを見ているようなイメージで全体を見渡して情報を得る(探す)というものでした。

スマートフォンからのアクセスがパソコンを越えようとしている今、ホームページ作りの基本的な考え方が大きく変わって来たと思います。

映像作家的感覚でホームページを作るスマートフォンの小さな画面にはページ内にある情報の一部分しか表示出来ません。パソコン画面の様に全体を見渡す事が出来ないのです。そのため画面を下から上へスクロールしながら内容を読み進めていく事になります。長くなったページを制作者の意図通りに順番に読み進めると、そこにストーリー性と時間の流れが生まれます。それはまるで映画やドラマを見ているのと同じ状態です。音楽や台詞は流れていませんがスマートフォンから見るホームページは、物語と物語の間を自由に行き来する事が可能な映画の様なものです。

今、ホームページ制作者として思う事は、これからのホームページ作りはユーザーの方がその世界に陶酔してもらえる様な映像作家的な演出を加える事が大事ではないかと思います。

(スタッフK)