Googleが今年の4月21日に行なったモバイルフレンドリーアップデートから3ヶ月が経ちました。まだまだモバイル対応されていないサイトも多く、実施後のモバイルでの検索結果に劇的な変動がみられない様なので自社サイトのモバイル対応に踏み切れていない方も多い様に思います。ではこのままスマホ非対応のままで良いのでしょうか?

まずはモバイルフレンドリーとは何?…という所から。

モバイルフレンドリー後の検索結果

スマホ対応のサイトをモバイルでGoogle検索すると、検索結果ではこの様に「スマホ対応」と表記されます。

モバイルフレンドリーとはGoogleがモバイル用検索に対して導入したアップデートです。モバイル(スマーフォンやタブレットなどの携帯端末)で読みやすく使いやすいかを判断基準にし、基準を満たしているサイトを優遇するというものです。必然的に対応していないサイトの評価が落ちた格好になります。

どのようなサイトがモバイルフレンドリーかというと、スマホでサイトを開いた時にピンチイン(拡大)しなくても見やすく、リンクボタンもそれなりに大きく押しやすいサイト。Flashなど一部のスマホにしか対応していない技術はアウトです。実際の対応サイトの制作では具体的な数値や基準があり、また目に見えない所にそれ相応の記述も必要になります。

上に書きましたが、モバイルフレンドリーはモバイル検索にのみ影響します。「自分の回りではパソコンしか使ってないから大丈夫!」っていう方もおられますが、以前書いた「ホームページの閲覧、スマホからが過半数に?」という記事の様に、インターネットの閲覧は今年の冬にはスマホからの利用者がパソコンからの利用者を超える可能性があるのです。ということは過半数の検索結果で自社のサイトの順位が今までより下がってしまうかもしれません。

モバイルフレンドリー対策は、Googleの検索ロボットに合わす事だけが目的ではありません。検索の結果、貴社のサイトにたどり着いたお客様が気持ちの良い体験が出来る様にする事が一番の目的ではないでしょうか?

(スタッフK)