「企業のホームページを公開したら、毎日更新して、常に最新情報をユーザーに提供しなければならない。」

そんなことはありません。ブログやフェイスブック・ツイッターなどを使って簡単に情報発信出来る時代になったとはいえ、職種によっては毎日新しい情報を発信出来るとは限りません。ない方が普通という企業もたくさんあります。そこで、「だからウチにはホームページはいらない!」と考えるのではなく、それぞれの経営方針に合ったタイプのホームページを構築し、戦略として活かす事が大切なのです。

例えばネットの中に立てた看板のような役割を持つホームページの存在です。実際の看板は1カ月から1年以上という長いサイクルで利用されているのが一般的で、場合によっては何年も同じ内容で立ち続けているものも少なくありません。それは『看板』の最大の目的が会社や告知などを認知させる事だからです。ネット上に立てた『看板』も、その意義を十分に果たすことが出来ます。

『看板』であるからには、人目につくために必要なデザイン上の工夫やテクニック、検索エンジンに最適化させる事も欠かせませんが、そういうタイプのホームページも十分立ち上げる意味があり、毎日忙しく更新しなければホームページとして価値がないということは決してありません。

忙しい経営者様、一度作っておけば、それだけで目的を果たすことが出来るホームページがあることもお忘れなく!